Newsまとめ速報+メモ

ニュース、芸能、スポーツまとめブログです。
犬大好き^^
気になった事などアップします

    カテゴリ:芸能 > 俳優・女優


    【芸能・テレビ番組】「木村拓哉」最初に買ったレコードが“洋楽”に「嘘くさい」の声?

    時代的にもそんな嘘くさくないけどな…

    NO.7544376
    木村拓哉、最初に買ったレコードが“洋楽”に「嘘くさい」の声
    木村拓哉、最初に買ったレコードが“洋楽”に「嘘くさい」の声
    元SMAPのメンバーで、解散後もバラエティやドラマなどで活躍する木村拓哉。

    そんな木村のとある発言に対して、疑念の声が上がっているという。

    木村は16日、自身の冠ネット番組『木村さ〜〜ん!』(GYAO!)に出演。

    東京都福生市を訪れ、ミリタリー雑貨店でステッカーなどを購入したり、オリジナルアクセサリーを作成する装飾店で、ドリームキャッチャーと呼ばれるアクセサリーを視聴者プレゼント用に購入するなど、ロケを楽しんでいた。

    その後、訪れたレコードバーでは、2万枚弱の在庫を誇り、99%好きな曲があるというという店主の発言に興奮した木村は、友人であるバーのマスターから、音楽はレコードで聞くものだと教わり、レコードプレイヤーとレコード数枚を買いに行き、一人暮らしの時に初めて聞いた時に感動したというエピソードを披露。

    さらに、そのレコードがアメリカのロックバンドであるイーグルスのものであると明かし、店主がイーグルスのレコードの場所を探すと、代表曲の一つであるホテル・カリフォルニアのレコードを取りながら「これ買ったんす」と、最初に買ったレコードの1枚であることを語った。

    しかし、この件についてネット上では「嘘くさい」「ここでこのタイトル出すところがダメなんだよ」「こいつなんでこんな嘘つくんだろ?」といった声が多く上がっている。

    木村の発言から察するに、レコードを初めて買ったというのは、おそらく大人になってからだと推察できるが、子どものころに初めて買ったと誤認している人も多いようだ。

    また、中には、「工藤静香は何番目に買ったんだ?」「なんで工藤静香の嵐の素顔にしとかないのかな」と、現在木村の妻であり、かつて木村が大ファンであったという工藤静香のレコードではないのかというジョークまで出てきている状況だ。

    「大人になってから買ったのなら、全然可能性はありますよね。まだ30代の僕も知っている名曲なので、欲しいと思ってもおかしくはないんじゃないでしょうか。とはいえ、木村さんは昔からこうした英語に関しての”やらかし”が多いんですよ。以前、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)では、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)を、Michael Jaksonと書いてしまったり、ほかの番組でもラブシーン(Love Scene)をLove Seansと書いてしまうミスを犯しています。また、2009年のNHK紅白歌合戦では、イギリス人歌手スーザン・ボイルに英語で話しかけるも、まったく通じず、結局通訳を介してのやり取りになったというアクシデントもありましたね。こうしたことから、木村さんが初めて買ったCDがホテル・カリフォルニアだということに、違和感を抱いたのでは? とはいえ、洋楽を聞いている人が英語をわからなきゃいけないなんてことはないので、全然OKだと思いますけどね」(芸能ライター)

    娘2人をインターナショナルスクールに通わせていることで知られる木村も、自身の英語力にはあまり自信がなかったということだろうか? とはいえ、おそらく日本の洋楽ファンのほとんどは、みな英語を理解しているわけではないだろう。

    勘違いから話題を呼んだ今回の騒動に、木村も迷惑しているに違いない。
    【日時】2019年06月19日 10:00
    【提供】日刊サイゾー


    【【芸能・テレビ番組】「木村拓哉」最初に買ったレコードが“洋楽”に「嘘くさい」の声?】の続きを読む


    【芸能】工藤静香「画像加工に抵抗」との強気発言に大ブーメラン!

    実際の事は自分自身がわかってるでしょ…

    NO.7542000
    工藤静香「画像加工に抵抗」との強気発言に大ブーメラン!
    工藤静香「画像加工に抵抗」との強気発言に大ブーメラン!
    6月14日、工藤静香が『工藤静香のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)に出演。

    番組内での、“写真加工”についての発言が話題を呼んでいる。

    工藤は「私、何を加工って言ってるのかな? と思ってたの」「インスタとかもそうですけれど、色を変えたりすることを加工だと思ってた」と発言。

    さらに「目を大きくしたり、鼻をなんとかしたりとかでしょう?」と最近の加工事情について触れ、「なんか嫌だ。ちょっと嫌です、加工は」と、加工に抵抗があることを示した。

    さらに、自身のレコードジャケットを撮影した際、スタッフが良かれと思い、工藤の顔をふっくらさせていたが、元に戻してもらったことがあるというエピソードを披露。

    頬がこけていると老けて見えるから、との理由だったようだが、「気遣ってくれるのはありがたいけど、私の今の顔だから、老けても何でもいいから戻してって言って戻してもらったことがある」と発言。

    さらに、加工が当たり前というのが主流になっていることについて「すーごい、嫌かも。でもそんなのね、ビデオとか撮ったら隠せないわけだから分かっちゃうわけじゃないですか」と語っていたのだった。

    この工藤の発言に対し、ネット上では「いやいや、あなたインスタでも肌色や皺飛ばしのフィルターはバリバリかけてるでしょ?」「少しぐらい修正しといた方がお目汚しにならない、という謙虚さもないのか 」「アプリよう使わんだけだろ(笑)」「これ石田ゆり子が言ったら共感されそうなのに やっぱり何を言うかじゃなくて誰が言うかだなあ……」というツッコミから、娘でモデルのKoki,に関して「娘の加工しまくってるじゃん(笑)脚伸ばしまくって小顔にしまくるやつ」「娘とは考えが違うんですね」という声、さらには夫の木村拓哉に関して「旦那は靴を加工してるだろ」「シークレットブーツはセーフ?」といった声が上がっていた。

    Koki,といえば、5月3日にシャネルの『Cruise 2020 collection』でランウェイデビューを果たしたが、外国人モデルと並ぶと顔の大きさや脚の長さでスタイルの悪さが際立つと話題になったばかり。

    さらに、自身のインスタグラムでたびたび全身写真をアップしているものの、投稿写真によって頭身が違うため、根強い加工疑惑が持ち上がっているのだ。

    「工藤さんが指す“加工”とは、目や鼻、顔の形や大きさを変えるということのみで、肌のシワを消すことや脚を伸ばすことは加工に入っていないのかもしれません(笑)」と語るのは、芸能事務所関係者。

    「工藤さんが3月3日にインスタグラムにアップした写真などは、明らかに加工といっても差し支えないお肌のツルツルぶりでした。Koki,さんの足長加工疑惑のこともありますし、あんまり言うとブーメランになって自分に返ってくるのでは?」(同)

    加工を施している芸能人のお仲間も多い昨今、あまり角が立つことを言わないほうがいいのでは?
    【日時】2019年06月18日 10:00
    【提供】日刊サイゾー


    【【芸能】工藤静香「画像加工に抵抗」との強気発言に大ブーメラン!】の続きを読む

    このページのトップヘ