Newsまとめ速報+メモ

ニュース、芸能、スポーツまとめブログです。
犬大好き^^
気になった事などアップします

    カテゴリ:政治・経済 > 自民党


    【政治・自民党】「恥を知りなさい」三原じゅん子氏“ド迫力演説”の波紋⁈


    NO.7570629
    「恥を知りなさい」三原じゅん子氏“ド迫力演説”の波紋
    「恥を知りなさい」三原じゅん子氏“ド迫力演説”の波紋
    自民党の三原じゅん子参院議員(54)による、大迫力の反対討論が話題となっている。

    野党4会派は24日、安倍晋三首相への問責決議案を参院に提出した。

    三原氏は本会議で、自民・公明与党を代表して反対討論に立ち、野党の姿勢を一刀両断したのだ。

    女優時代を彷彿(ほうふつ)させるドスの利いた演説の影響もあり、決議案は反対多数で否決された。

    立憲民主党の福山哲郎幹事長は同日、問責決議案提出の趣旨説明に立ち、「老後資産2000万円」問題をめぐる安倍首相の説明について、「不誠実極まりない」などと非難した。

    これを受け、純白のスーツに身を包んだ三原氏が登壇し、「国民にとって大切な大切な年金を『政争の具』にしないでいただきたい」と切り出し、以下のような反対討論を展開した。

    「高齢者の不安をあおらないでいただきたい。猛省を促します。では、問います。野党のみなさんは年金を増やす具体策を持っているのでしょうか? 具体案もないまま、いたずらに国民の不安をあおる。かつて民主党のマニフェストで華々しくブチ上げた、できもしない最低保障年金。あれは一体、何だったのでしょうか」



    【日時】2019年06月25日 00:00
    【ソース】zakzak
    【関連掲示板】


    【【政治・自民党】「恥を知りなさい」三原じゅん子氏“ド迫力演説”の波紋⁈】の続きを読む


    そんなこと言っちゃうの。。

    1 ばーど ★ :2018/11/18(日) 23:33:12.66 ID:CAP_USER9.net

    ※夜の政治

    「韓国みたいになってきた」桜田大臣&片山大臣叩きに舛添氏が持論

    ・AbemaTVの番組では、桜田義孝大臣が失言で叩かれている現状を特集した
    ・大臣は就任前に答弁の訓練を受けるべきとの意見に、舛添要一氏は言及
    ・「それは嫌な文化だと思う」「韓国みたいになってきた」と持論を展開した

     失言連発で一躍時の人となった桜田義孝大臣。「(関連予算は)1500円…ごめんなさい1500億円でございます」「(蓮舫氏を)れんぽうさん」といった言葉が取り沙汰され、セキュリティー担当としての「自分でパソコンを打つことはない」「USBはよくわからない」という答弁は、海外メディアでは“システムエラー”と報じられた。

     また、片山さつき地方創生担当大臣にも政治資金収支報告書の記載漏れへの追及が続いている。片山大臣は合わせて3回の修正を行ったが、訂正件数は40件以上。2年前、政治資金問題が取り沙汰された元夫の舛添要一氏に対しては、「これは公私混同の極み。彼がやるべきことは、過去どうだったかではなくて頭を下げて徹底的に詫びること。みんなの言うことを聞いて謙虚にやっていくしかない」とコメントしていた。

     かつては“東大の山口百恵”と呼ばれていたという片山大臣。そのキャリアは輝かしく、1982年に大蔵省入省、1989年に西日本初の女性税務署長に就任し、1991年には女性初のG7サミット政府代表団員に。1995年に女性初の主計局主査、2004年に女性初の主計局主計官となり、2005年の衆議院選挙で静岡7区から出馬し初当選した。2010年の参議院選挙で自民党トップ当選した際は「サラリーマン目線で頑張る」と意気込みを語っていた。

     18日放送のAbemaTV『 Abema的ニュースショー 』に出演した、片山大臣の元夫で国際政治学者の舛添氏は、桜田大臣と片山大臣への追及について「国会での質問はいじわるすぎる。同じ質問を他の大臣にもするかといったら集中攻撃。若干可愛そうなところもある」と意見。また、第4次安倍改造内閣には2種類の大臣がいるとし、「世耕大臣や茂木大臣など、専門分野が適任で残った人。そうではない桜田大臣や片山大臣は派閥推薦のポストはどこでもいいというもので、そこで失敗している。片山大臣は優秀で何でもこなせるけど、桜田さんは頭脳派ではなく肉体派」と説明する。

     元自民党衆議院議員の金子恵美氏も桜田大臣の人柄について述べ、「桜田大臣の五輪担当に関して不安視されているが、元々は文部科学行政の副大臣を務めている。ただ何期務めても議員は質問する側、大臣は行政の立場として答弁する側で、その能力は少し違ったのかもしれない。セルフプロデュースはあまり得意ではなく、慣れてくると変わってくるのでは」とした。

     かつて、自身の資金問題を追及された舛添氏。片山大臣のミスについて「仮に全国会議員をつつき始めたら、単純なミスも悪意のあるものも含めて出てくる」としたうえで、「今だったら、『地方が廃れているのをどうするんですか』とか『東京オリンピック・パラリンピックが小池都知事のおかげでガタガタになっているけど桜田さん立て直せるんですか?』ということを、私が国会議員だったら質問する。そういうことをやるべきなのに、これで国会が止まるようなことになっているのはおかしい」と指摘した。

     また、国際政治アナリスト・渡瀬裕哉氏の「アメリカだったらちゃんとしたPRの人を雇って、訓練を受けてからポストに就く。日本みたいに訓練を受けずにいきなり重要なポストに付いたらまともに答弁できないのは当たり前。どう答弁するのかにお金をかける文化が日本にも必要だと思う」との意見には、「それは嫌な文化だと思う。そこまでしなくちゃいけないのか」としつつも「アメリカナイズ、もっといえば韓国みたいになってきた。韓国はもっと酷く徹底的にやる。だから、訓練しないといけない時代になってきたかもしれない」と考えを改めた。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    2018年11月18日 17時50分
    AbemaTIMES
    http://news.livedoor.com/article/detail/15614038/


    【【前東京都知事・舛添要一氏】桜田大臣、片山大臣を叩く世論に「韓国みたいになってきた」…。】の続きを読む


    【政治】「哲学なき消費増税」を強行する安倍政権の欺瞞

    もっと考えて

    NO.7068806
    「哲学なき消費増税」を強行する安倍政権の欺瞞
    「哲学なき消費増税」を強行する安倍政権の欺瞞
    2019年10月に予定されている消費税率10%への引き上げに備えて、奇妙な景気対策案が伝わってくる。

    そもそも、なぜ消費増税をするのか、それによって得られる効果は何なのか。

    経営コンサルタントの大前研一氏が、「哲学なき消費増税」の欺瞞を指摘する。

    オーストラリアは2000年7月、10%の「GST」(Goods and Services Tax/商品・サービス税)を導入した。

    ジェトロ(日本貿易振興機構)のHPによれば、GSTはオーストラリア国内で消費されるほぼすべての商品・サービスに課されるが、大半の食料品や教育関連費、医薬品などは非課税だ。

    その是非をめぐって10年近く国民的議論を重ねた上で、最終的にはいきなり10%で導入が決まった。

    日本は、GDP(国内総生産)の2倍近い1100兆円以上の借金(国および地方の長期債務残高)を抱えている逼迫した財政状況を踏まえれば、消費増税は不可避である。

    ただし、8%を10%に上げたところで、どうにもならない。

    2%の増税によって増える税収は年間約5兆円とされるが、それではプライマリーバランス(基礎的財政収支)の黒字化にも程遠い。

    仮に1100兆円を40年間で返すとすれば、単純計算で年間27.5兆円の..



    【日時】2018年11月15日 07:00
    【ソース】マネーポストWEB


    【【政治】「哲学なき消費増税」を強行する安倍政権の欺瞞】の続きを読む


    突っ込みはわかるけど・・・

    1 ばーど ★ :2018/11/06(火) 10:09:40.33 ID:CAP_USER9.net

    ※たまたまスレ

    与野党の論戦がヒートアップしている国会では、元仕分けの女王・蓮舫氏が、安倍内閣の新閣僚を次から次へと徹底追及。
    大臣たちの資質を問いただした。

    論戦の舞台を参議院に移した予算委員会。
    トップバッターに立った立憲民主党の蓮舫議員が追及したのは...。

    立憲民主・蓮舫参院幹事長
    「桜田大臣のホームページ、5年間調べました」
    「政治理念、政策には、どこにもオリンピックの文字が1文字もありません」

    蓮舫議員がターゲットにしたのは、当選7回で、念願の初入閣を果たしたものの、答弁が不安視されていた東京オリンピック・パラリンピック担当の桜田大臣。

    立憲民主・蓮舫参院幹事長
    「ご自身でオリンピック・パラリンピック担当にふさわしいと考えるのは、どこでしょうか?」

    桜田五輪相
    「なぜ選ばれたか、わたしはわからないが、総理が適材適所と思って選んでいただけた。選んでいただいた人に、立派に任務を果たすように、しっかりと取り組んでいるつもりだ」

    しかし、このあと、「立派」とは言えない答弁を繰り返すことに。

    立憲民主・蓮舫参院幹事長
    「オリンピック・パラリンピックの3つの基本コンセプトはなんでしょう?」

    大会の基本となるコンセプトについて聞かれたものの、即答できず、官僚の助言に従って紙を読み上げた。

    さらに...。

    立憲民主・蓮舫参院幹事長
    「ちなみに大会ビジョンもご存じですか?」

    大会のビジョンを問われたにもかかわらず、桜田五輪相が答えたのは、先ほどと同じ基本コンセプトだった。

    その後も、官僚が作った原稿頼りの答弁を繰り返すのが精いっぱい。
    本人は、汗だくになり、眼鏡がうまくかけられない場面も。

    審議は、たびたびストップし...。

    立憲民主・蓮舫参院幹事長
    「(会計検査院が指摘した8,011億円中)国の関連予算はいくらか」

    桜田五輪相
    「1,500円でございます。あ、ごめんなさい、1,500億円」

    最後は、蓮舫氏から大会予算について、事業シートを作って管理すべきだと問われ...。

    桜田五輪相
    「れんぽうさんの言う通り...」

    立憲民主・蓮舫参院幹事長
    「れんほうです」

    一方、口利き疑惑の釈明に追われる、片山さつき地方創生担当相は、おわびを連発した。

    連日、野党の追及にさらされている片山地方創生担当相。
    5日は、釈明に追われた。

    立憲民主・杉尾議員
    「『四国は獣医のなり手がいないんですよ、あそこは離れ小島だから』と発言した。四国は離れ小島なんでしょうか?」

    片山地方創生相
    「決して四国の皆さまを傷つけるつもりはない」
    「また、発言の一部分が切り取られ、拡散することで気分を害された一部の人がいたら、誠に申し訳ない」

    立憲民主・杉尾議員
    「『生活保護は、生きるか*かのレベルの人がもらうもの』との発言があったが?」

    片山地方創生相
    「不正受給で、本来行き渡る人に行き渡っていないということがあってはならない。不快に思った人がいたら申し訳ない」

    過去の自らの発言について、「気分を害した人がいたら申し訳ない」と陳謝した。

    また、外国人労働者の受け入れ拡大をめぐっては、移民政策にあたるのか否かに議論が集中した。

    立憲民主・蓮舫参院幹事長
    「『移民政策ではない』と、移民と言いたくない理由は何かあるのか?」

    安倍首相
    「期間を設けず、家族も帯同で受け入れるという、いわゆる移民政策はとらないということ」

    立憲民主・蓮舫参院幹事長
    「10年暮らしたら、永住権の道が開かれる。つまり移民政策への入り口じゃないですか? 総理違うんですか?」

    安倍首相
    「永住が認められるためには、素行善良であること。独立生計を営むに足る資産、または技能を有することなど、厳しい条件が課されている」

    さらに山下法相は、「外国人受け入れの人数について近日中に見込みを示す」と明言。

    「日本人の雇用に影響しないような制度設計にする」と答弁した。

    2018年11月5日 月曜 午後6:46 FNN
    https://www.fnn.jp/posts/00404794CX

    ★1が立った時間 2018/11/06(火) 08:09:33.89
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1541459373/


    【【国会】蓮舫氏の徹底追及に 新閣僚が“汗だく答弁”「れんぽうさん...」「れんほうです」】の続きを読む


    怪しさます。。。

    NO.7013541
    片山さつき氏“口利き”報道を改めて否定
    片山さつき氏“口利き”報道を改めて否定
    片山地方創生担当相は、会社経営者からの要請を受けて国税庁に口利きをしたと週刊誌が報じたことについて、19日の会見で、改めて報道内容を否定した。

    これは、18日発売の週刊誌が報じたもので、会社経営者が、片山氏の当時の秘書に対して、税務上の優遇措置がある「青色申告」が取り消されないよう依頼し、100万円を支払った、としているほか、片山氏が、口利きのため国税庁に自ら電話をかけたなどとしている。

    片山地方創生担当相は、19日の会見で、改めて報道内容を否定した。

    片山地方創生担当相「片山が100万円を受け取ったことがないこと、そして誌面に書かれているような口利きなどしていないことについては、しっかりと裁判の場を通じて明らかにしていきたい」

    (Q.訴訟準備中ということで明言を避けていると思うが、閣僚としての説明責任があるのでは?)

    片山地方創生担当相「今きっちりと準備をしているところで、今まで以上の詳細につきましては、現時点では申し上げることを差し控えさせていただきます」

    一方、会社経営者は、19日に代理人を通じて「2015年7月、私設秘書から要求された100万円を指定された口座に振り..



    【日時】2018年10月19日 15:14
    【ソース】日テレNEWS24
    【関連掲示板】


    【【政治・自民党】「片山さつき議員」“口利き”報道を改めて否定⁉︎】の続きを読む

    このページのトップヘ