Newsまとめ速報+メモ

ニュース、芸能、スポーツまとめブログです。
犬大好き^^
気になった事などアップします

    カテゴリ:天気・災害 > 地震



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    本当にありがたい

    1 記憶たどり。 ★ :2018/09/07(金) 15:01:44.01 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00010003-fnnprimev-soci

    ■停電中も1100店中1050店が営業を続けたコンビニ

    北海道地震で道内全世帯が停電する中、北海道を中心に展開するコンビニが営業を続け、
    温かい食事を提供するなど被災者を助けているとしてSNSなどで称賛の声が相次いでいる。

    コンビニエンスストアのセイコーマートは9月6日の被災直後、停電などで多くのスーパーなどが
    休業を余儀なくされている中でも、(※電気自動車ではない)車のバッテリーから電源を取り営業を続けた。

    セイコーマートによると北海道内に1100ある店舗のうち、従業員などが出勤できない店舗を除く1050の店舗が営業したという。

    ■一部の店ではガス調理施設で温かい料理の提供も

    セイコーマートの一部の店舗には店内でガス調理する施設があり、おにぎりや総菜など温かい料理を提供していた。

    こうした対応にSNSの投稿者によると

    「できたてのおにぎりが出てくるなんて神すぎる」

    「北海道の誇り」

    などと非常時の対応に賞賛の声が上がっている。

    ■会社側が普段から非常電源キットを配備

    実はこうした対応は、会社側が普段から非常電源キットを各店舗に配布していて、今回はそれを使い
    従業員の車などから電源を取ったことから可能になったということだ。


    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536292874/
    1が建った時刻:2018/09/07(金) 13:01:14.98


    【【北海道地震】「神すぎる」「北海道の誇り」停電でも営業続ける地元コンビニ「セイコーマート」に賞賛の声】の続きを読む



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    早い復旧願います!

    1 ニライカナイφ ★ :2018/09/06(木) 19:34:23.89 ID:CAP_USER9.net

    北海道電力東京支社によりますと、今回の停電の原因は、電力の需要と供給のバランスが崩れることで、すべての発電所が停止する「ブラックアウト」と呼ばれる現象で、こうした現象が起きるのは、北海道電力が昭和26年に設立されて以来、初めてだということです。
    北海道電力は、運転が停止していた火力発電所のうち、「砂川火力発電所」をすでに再稼働させ、7日には「奈井江火力発電所」、「伊達火力発電所」、「知内火力発電所」の3か所を稼働させ、電力の供給再開を急ぐことにしています。

    ■電気供給の仕組み

    家庭などで使う電気は、発電所から一定の周波数で送られています。
    そのためには電気を使う量と、発電する量のバランスを保つ必要があります。
    このため、電力会社は需要を予測して発電する量を調整しています。

    しかし今回は、地震が起きた当時に北海道の電力需要の半分程度をまかなっていた「苫東厚真発電所」が緊急停止し、発電する量が急激に減り、周波数を保つことができなくなりました。
    決まった周波数が保たれないと設備が壊れてしまうため、ほかの発電所も、一斉に停止せざるを得なくなったのです。

    ■本州からの電力供給はあす以降

    北海道と本州の間には津軽海峡の海底を通る「北本連系線」と呼ばれる送電線が敷かれていて、最大で60万キロワットまで本州から電力の供給を受けることができます。
    ただ、北海道電力によりますと、北本連系線を使って電力の供給を受けるためには、外部からの電源を使って電圧を調整する必要があります。
    つまり、今回の場合、北海道内で一定程度の電力の復旧が進まなければ本州からの電力の供給を受けることができない仕組みになっているということです。

    このため、北本連系線を使って電力の供給を受けるのは、7日以降になる見込みだということです。
    一方、北海道に送る60万キロワットの電力について、電力各社でつくる電気事業連合会は、全国的な需給調整を担う「電力広域的運営推進機関」から各電力会社が指示を受けた時点の供給力によって状況は変わるとしたうえで、東北電力や東京電力管内には十分な余力があり、火力発電所の出力を上げるなどして対応することになるのではないかとしています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180906/k10011614231000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004


    【【北海道地震】北海道電力「停電の原因は、電力の需要と供給のバランスの崩れで、全ての発電所が停止する「ブラックアウト現象」】の続きを読む

    このページのトップヘ