Newsまとめ速報+メモ

ニュース、芸能、スポーツまとめブログです。
犬大好き^^
気になった事などアップします

    カテゴリ: 社会・生活



    (出典 www.chintai.net)


    申し訳ないで終わる問題ではない!

    1 ばーど ★ :2019/03/13(水) 11:32:18.09

    神戸市内の兵庫県立高校で昨年11月、県立大の推薦入試を希望する生徒4人の出願書類を期限までに出し忘れ、受験できなくなるミスがあったことが12日、県教育委員会への取材で分かった。県教委は担当していた進路指導部の教員を複数処分する方針で、「生徒の人生を左右しかねない重大なミス。誠に申し訳ない」としている。

    県教委によると、この高校の進路指導部は4人体制。勤務する部屋には出願書類の締め切り日を掲示していたが、いずれも十分に確認しておらず、締め切り日当日になって書類を郵送したため期日に間に合わなかった。

    学校側は保護者や生徒に謝罪。県立大にも事情を説明したが、受理されなかったという。同大の担当者は神戸新聞の取材に「受験生に落ち度はないが、公平性の観点から受理できなかった」としている。

    県教委によると、生徒はいずれも県立大が第1志望だったため動揺は大きく、学校は特別補習を行ってきた。各生徒の進路については「明らかにできない」としている。この不祥事を受け、県教委は県立高の校長会などで進路指導業務のチェック体制の見直しを要請している。(井上 駿)

    3/13(水) 10:39
    神戸新聞NEXT
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000000-kobenext-l28


    【【兵庫・受験】第1志望の県立大推薦入試願書 神戸の県立高が提出忘れ4人受験できず…生徒の動揺大きく「誠に申し訳ない」】の続きを読む


    意味わからん++;常識で考えればいい

    1 ニライカナイφ ★ :2019/03/12(火) 18:33:29.64

    ◆ 「日本人はなぜ席を譲らない?」とツイートしたら「レディーファーストって意味不明」と猛反発された

    ■ 「レディーファーストは理解しがたい」

    今回の反論の中には、純粋に「レディーファースト」というコンセプトが理解できていない(あるいはそれを受け入れられない)と思われる人々からのコメントが複数あった。
    いずれも男性のようだった。

    「男性は疲れてても女性に席を譲れというのがあなたの男女平等ですか? 女性は席を譲られるべきか弱い存在なのでしょうか?
    男女問わず立つのがしんどい人に席を譲るべきというのは理解できますが、なぜそこにジェンダー論を持ち込むのでしょうか?」

    「レディファーストは理解しがたいです。子連れの場合は譲りますけど。レディファーストの意味は?」

    「きっと日本で男女平等が浸透したからではないでしょうか?怪我人や老人、妊婦等の例外はありますが、近年多くの女性の方々が男女に平等な権利をと言われており、それでレディーファーストの考えが消えたのだと思います。より良い男女平等社会に向かってるのだと思います」

    日本は世界経済フォーラムの男女平等ランキングで、2018年は149カ国中110位、G7最下位を更新し続けている。
    客観的に見て、今、日本は世界の中で最も男女不平等が激しい国の一つと言って差し支えないと思う。
    そもそも「レディーファーストの考えは消えた」のではなく、日本には最初から存在していないと思う。

    ■ 「男女平等ならなぜ女を守る必要が?」

    日本の男性たちは何故「レディーファースト」ができないのか?
    その答えはおそらくシンプルだ。「知らないから」だ。

    通常、日本で育つ男の子たちは「紳士たるもの、女性を守り、敬意をもって大切に扱わなくてはならない」という騎士道精神や、「女性をエスコートする際のマナー」の基本を、家でも学校でも教えられない(同様に女の子も、エスコートのされ方を教えられない)。
    いろんな国の友人たちを見ていて、こういうマナーの教育は、やはり子ども時代からの親や周囲の大人によるトレーニングと、習慣の刷り込みが大きいと感じる。
    今回きたコメントの中にこんなものもあった。

    「子供の頃、米国にいましたが、公共のエレベーターなどに先に乗り込もうとすると知らないおじさんから『私の妻が先だよ』と注意されたりする事しばしば。
    子供の頃からの教育、しつけの問題だと思います。ちなみに数年後帰国してそのノリで女の子の荷物持ってあげたりしてたらいじめられましたw」

    日本で育つ男の子の大多数は、こんな風に大人の男性からピシャリと言われた経験もなく、身近な大人の男性が女性をカッコよくエスコートする姿を生で見ることもないまま育っている。
    だから、「男女平等なんだろう?だったら、男が女を守る必要なんてないだろう」「なんで男だからって女に席を譲らなくてはならないのか」という発想になるのではないか。

    私は普段から、大きなスーツケースを持って日本でも海外でも移動している。
    日本以外の国では、こちらが頼まなくても、ほぼ必ず誰か男性が手助けしてくれる。
    日本国内でもこれまで駅の階段などで悪戦苦闘している時に助けてくれた人は、日本人以外の男性の方が断然多い。

    あるとき東京でスーツケースを持って電車に乗る時、重いので持ち上げるのに一瞬間が空いてしまったら、後ろにいた日本人男性に「モタモタしてんじゃねーよ」と小さい声でつぶかれて心底びっくりした。
    そんなこと言うんだ?「手伝いましょうか?」じゃなくて?

    2020年のオリンピックまでに、日本でも誰かが重い荷物を持って大変そうにしていたら、(男女問わず)頼まれなくても自分から声をかけ、自発的に動ける人がもっと増えて欲しい。
    そうでないと恥ずかしい。

    BUSINESS INSIDER JAPAN 2019/3/12(火) 12:10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00010000-binsiderl-soci&p=4

    ■前スレ(1が立った日時:2019/03/12(火) 17:46:08.62)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1552380368/


    【【話題・SNSネット】「日本人はなぜ席を譲らない?」とツイートしたら「男女平等なら何故女を守る?レディーファーストって意味不明」と猛反発!】の続きを読む


    勝手な論

    1 雷 ★ :2019/03/12(火) 08:25:40.44

    ジュース47ダースは何本か 47×12は不正解の怪:朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASM310BFDM2XULZU014.html

    (出典 www.asahicom.jp)

    2019年3月11日09時30分

     中学入試で方程式は使っちゃダメ……? 中学受験をする小学生たちの周辺で、そんな説がまことしやかに語られています。「理解が困難」「小学校で習わないから」と理由も様々ですが、果たして実際はどうなのか。謎を追うと、一部の教室でおこなわれる窮屈な指導法の問題と、学びの自由とでもいうべき深いテーマに行き着きました。
    (略)

    正解でも「教科書と違うと×」
     「習っていない漢字の禁止」は、ネット上でもよく批判される教育指導のひとつ。ツイッターには、こうしたいわば「教室のオキテ」に反発する親の声も多く見られます。

     米国で働く会社員、岡沢宏美さん(38)は2年前から、ツイッターで教科指導の問題提起をしています。小3の長女は地元の小学校に通いながら、文科省から校長が派遣されている日本人向けの補習校にも行っています。「最初、娘の学校だけかと思った問題も、ネットに寄せられる声を通じ、日本各地にあると知りました」

     例えば「かけ算の順序問題」と呼ばれ、ネットでも批判が多く、古くは1972年に朝日新聞も報道している課題があります。補習校で岡沢さんの長女も何度か経験しており、今冬は、ジュース47ダースの本数を求める問題で式を「47×12」と書き、不正解とされたそうです。先生の言う正解は「12×47」で、バツの理由は「順序が逆」でした。

     文科省がつくる学習指導要領解説は、小2でかけ算を教える際、「一つあたりの数」(例えば1ダースの12本)×「いくつあるか」(47ダース分)の順で式を立てるよう教えると説明し、教科書もそうなっています。が、もちろん、かけ算は式の順序が逆でも結果は同じで、それは小2で教える内容です。

     長女は米国の小学校ではかけ算の順序を日本式と逆に教えられたそうです。片方の学校で習った方法なのに、不正解にされるという矛盾もあります。岡沢さんは「正解にできないか」と校長に相談しましたが、「教科書と同じでないとダメ」の一点張りだったそうです。「他にも教科書以外の方法を認めてくれない例はありました。間違っていないのにバツになると、娘も落ち込みます。本当は勉強で、理屈が通れば正解は何通りもある、という面白さも知って欲しいのですが」

     そもそも、教科書でかけ算の順序を定めるのは、「教育用に考えられた教室の共通言語のようなルール。本来の数学的な正否とは別物」と、中村光一・東京学芸大教授(数学教育)は解説します。順番があれば、式を書いた子が「何」を「何倍」しようとしたのかが一目瞭然で、教室の共通理解が進みやすい。後に小数のかけ算を学ぶときも、後ろの数字が「何倍」かを表す感覚でいれば、そこに小数を入れることで「小数倍する」という新概念に気付きやすいなど、後々の発展学習の指導にも役立つ。こうした理解促進のために「順序」が考えられたと、中村さんは指摘します。

     「順序は教育上有効な仕掛けですが、算数や数学は本来、どんな発想でも論理が正しければ正解という自由な教科。式の順序が逆の式を『教科書と違う』だけで不正解にするべきではありません。多忙な現場では困難でしょうが、児童と語り、理解度を確かめながら行う教育が望ましいです」

    「主体的に学ぶ楽しさ知って」
     教科書と違う計算はバツ、漢字などの先取り学習はダメ――。児童が学ぶ内容やその進度を学習指導要領や教科書の範囲に縛るような指導について、油布佐和子・早稲田大教授(教育社会学)は「柔軟性と批判性に欠けるマニュアル的な指導ですね」と指摘します。

    (略)
        ◇

     「数学は自由」。取材中、東京学芸大の中村教授の口からその言葉が出た瞬間、何か懐かしい、スカッとした感覚が込み上げました。大学受験の頃、最も好きな教科は数学でした。理屈さえ通ればどう解いてもOK。模範解答にない解法を思いつき、正解までたどり着いた時の快感。「自由」の味わいだったのかな、と改めて思いました。

     たとえ答えが合っていても、式の順番が違うからダメ――。そんな指導をする先生方の事情もさまざまでしょう。忙しすぎたり、皆と違うことをよしとしなかったり。どこか不自由さを感じます。

     強いられて勉(つと)める「勉強」が楽しくないのは当然です。自由にワクワクすることが本来の「学び」では。子供たちに学びの喜びを。そして先生も自由に。そんな道を、多くの方と一緒に考えたいです。(長野剛)

    (全文ソース)

    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1552319496/


    【【教育】謎すぎる…???小学校の指導方針「方程式は使用禁止」「47×12→×」「12×47→○」「習ってない漢字は自分の名前でも使用禁止」って意味わからない】の続きを読む


    【生活・老後】「年収800万円」でも貧困老人に? 「道端の草食べていた70代も」

    子供の学費や家のローンで・・・本当、大変

    NO.7323421
    年収800万円でも貧困老人に? 「道端の草食べていた70代も」
    年収800万円でも貧困老人に? 「道端の草食べていた70代も」
    「真面目に働いていたはずなのに、悲惨な老後が待っていた」。

    これが今の日本の現実なのだ。

    普通の勤め人として中流以上の生活を送ってきたのに、彼らはなぜ生活苦に陥ったのか?

    ■一部上場企業のサラリーマンでも「貧困高齢者」になりうる日本
    安定した老後の生活に必要な資金? それは、3000万円、5000万円、場合によっては1億円ともいわれる。

    確かに、老後に備えてカネはあるに越したことはない。

    しかし、いざとなったら年金や生活保護があるだろうと楽観視したまま享楽的、刹那的にサラリーマン生活を過ごしていると、あなたはいつか「貧困老人」になってしまうだろう。

    『下流老人―一億老後崩壊の衝撃』(朝日新書/2015年)の著者で、NPO法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典氏が語る。

    「現代の日本ではよほどの高収入でないかぎり、家賃や住宅ローン、あるいは子供の学費などを払いながら老後に向けた貯金や資産形成をしていくのは困難です。例えば、普通に会社勤めをして年収400万円程度の人であれば、厚生年金の受給額は1か月あたり15万〜16万円ほど。もしも老後に病気などで多額の出費があれば、すぐに生活は不安定になってしまいます..



    【日時】2019年03月12日
    【ソース】日刊SPA!


    【【生活・老後】「年収800万円」でも貧困老人に? 「道端の草食べていた70代も」】の続きを読む


    【生活・生活感】都会人はヤバイんじゃない…? 「田舎者が都会に行って怖かったこと」があるあるすぎる


    そうそう++;

    交差点(fazon1/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

    地方から都会へ観光や進学、就職した際、地方との常識や文化の違いに驚いたことはないだろうか。

    このことについて、女性向け匿名掲示板ガールズちゃんねる』の「田舎者が都会に行って怖かったこと」というトピックが話題になっている。

     

    ■人混みが怖い?

    人混みや住人のルール価値観が地方とは大違いという声が寄せられた。表情や態度も地方とは異なり、「冷たい」印象を受けるという意見も。

    「人が避けない」

     

    「とにかく人混みがスゴくて驚いた」

     

    「入居したマンションは誰も挨拶しなかった」

     

    「みんな無表情で真っ直ぐ前を見て突進するように歩いてる」

     

    「少しでも人の流れを乱してしまうと、人々のイライラオーラが刺さってきて痛い。それにみんな道を譲ることをせずに突っ込んできてゴーイングマイウェイなんだなって思う。あと人の前を横切るのを何とも思ってない人が多い気がする」

     

    ■電車の常識が違う?

    都会といえば電車移動が一般的だが、地方民にとっては都会の電車の常識が違いすぎて驚いた…との声が。

    地下鉄ホームに入ってくる時のスピード感 おそろしや~」

     

    「中学の修学旅行で東京の電車に乗る時に、みんなもたついてしまって後ろの人に舌打ちされた」

     

    「ドア側の人は一旦降りるって知らなかったくらい地元では電車内に人がいない」

     

    「みんな靴に吸盤でもついてるんですかね 電車の揺れでフラフラしてるの私だけなんですけど あのラッシュでなんで平気なの?」

     

    「そこらへんの駅のトイレですら並ぶ」

    ■街がスゴイ…?

    また、ビルが立ち並ぶ街やお店に驚いたというコメントも寄せられた。

    「家族旅行で東京へ。新宿を夜、家族とホテルに向かって歩いていたら、父親の目の前で風俗のスカウトをされた」

     

    「今ここで地震が起きたら、割れた窓ガラスに刺さって死にそうと思うくらいの高層ビルがたくさん」

     

    「看板が小さい ナビで確認しつつ行くのに、一向にたどり着けず同じ場所をグルグル 柱に小さく看板出てたりする」

     

    「都会は、昼間カフェでお茶したくても混み過ぎて入れない。カフェ難民になる。私の実家付近は、いつも人がいない個人経営のカフェが点々とある」

     

    ■田舎で暮らしたい?

    しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,387名に「田舎暮らし」について調査したところ、4割以上が「田舎で暮らしたいとまったく思わない」と回答。

    田舎暮らし性年代別グラフ

    男女別・年代別で比較したところ、30代を除いたすべての年代で女性のほうが田舎暮らしを嫌っている。

     

    電車や人混みで疲弊する…という声がありながらも、「住みやすさは断然都会」の声も。都会と田舎、どちらも良い部分と悪い部分があるため、好きなほうに住んでたまに観光に行くくらいがちょうどいいのかもしれない。

    ・合わせて読みたい→「都会はお金がないとキツイ」「田舎は陰湿そう」 都会と田舎どちらで暮らすべき?

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年10月21日2016年10月24日
    対象:全国20代〜60代の男女1,387名(有効回答数)

    都会人はヤバイ…? 「田舎者が都会に行って怖かったこと」があるあるすぎる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【生活・生活感】都会人はヤバイんじゃない…? 「田舎者が都会に行って怖かったこと」があるあるすぎる】の続きを読む

    このページのトップヘ