Newsまとめ速報+メモ

ニュース、芸能、スポーツまとめブログです。
犬大好き^^
気になった事などアップします

    カテゴリ:芸能 > ドラマ・映画


    【芸能・テレビ番組】『リーガルV』のまとめ/日本シリーズも気になったけど、放送中止も残念!



    中止しないでほしかった・・・・。

    【【芸能・テレビ番組】『リーガルV』のまとめ/日本シリーズも気になったけど、放送中止も残念!】の続きを読む


    ドラマとしてみればいいじゃん;

    1 Egg ★ :2018/10/13(土) 18:50:34.75 ID:CAP_USER9.net

    米倉涼子が主演を務める連続テレビドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)の第1話が10月11日に放送され、平均視聴率15.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とロケットスタートを切った。

     米倉の代表作といえば、「私、失敗しないので」のフレーズで人気を博している同枠のドラマシリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子』。視聴率20%超えを連発し、これまで全5シリーズが放送されている。今回はいわば、その“女弁護士版”ということで、「『ドクターX』を超えられるか?」という点も注目されていた。

     今クールは、初回の平均視聴率14.2%を記録した織田裕二主演の『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)が話題を集めている。また、こちらも人気作の続編である阿部寛主演の『下町ロケット』(TBS系)も控えており、『リーガルV』はそれらのドラマとしのぎを削ることになりそうだ。

     初回の展開を振り返ると、弁護士資格をはく奪された小鳥遊翔子(米倉)が、ポンコツ若手弁護士の青島圭太(林遣都)とペーパー弁護士で元大学教授の京極雅彦(高橋英樹)をスカウトし、京極の名を借りて「京極法律事務所」を立ち上げる。「弱者を救うための法律事務所」をうたう小鳥遊は、元ストーカーで服役経験のある馬場雄一(荒川良々)と、1億円横領で服役経験のある元銀行員・伊藤理恵(安達祐実)をパラリーガル(弁護士業務を補助する者)として採用する。

    「弱者を救うって、そういうこと?」と思わずツッコミそうになったが、現役ホストの茅野明(三浦翔平)も加え、自身は管理人として京極法律事務所をスタートさせた。

     そして今回、小鳥遊たちが扱ったのは、一度訴えられると有罪率99.9%といわれる「痴漢冤罪事件」。事の発端は、君島化学の会社員である安田勉(児嶋一哉)が三島真央(山谷花純)に「お尻を触られた」と糾弾されている現場に、青島が偶然居合わせていたことだ。そして、無実を訴える安田を見過ごせず、青島は弁護を引き受けることになる。

     三島が嘘をついていることを見抜いた小鳥遊は、「鉄道研究歴30年」「カリスマ鉄子」「全日本鉄道社・鉄道研究1級のライセンスを持つ専門家」という肩書きで証人として法廷に入り、鉄道オタクの目線から次々に三島の証言の矛盾点を指摘する。最終的には、怖くなった三島が「ごめんなさい」と嘘を認め、京極法律事務所は初仕事で無罪を勝ち取った。

     しかし、それだけでは終わらない。小鳥遊は、この事件の黒幕が安田の同僚である冨樫博之(安井順平)だという証拠をつかみ、君島化学に「安田の不当解雇に対する賠償金」として100億円を請求する。さらには、「特許出願をめぐる会社の内紛を告発する会見を開く」という脅しで会社側を追い込み、安田へ賠償金を支払わせることに成功した。

     放送前から期待が大きかったドラマだけに、インターネット上では多くの反響があがっている。特に、小鳥遊に「ポチ」とあだ名をつけられてしまった青島の「わんこっぷり」にキュンとした視聴者が多かったようで、以下のような反応が見られた。

    「青島の小鳥遊さん好き好き感と“ポチみ”にやられました」

    「小鳥遊さんカッコいいし、青島くんの一生懸命なポチっぷりにはニコニコしてしまう」

    「きっとポチの成長物語でもあるので楽しみだなぁ。遣都くん、あの髪型大正解だと思う。ポチ感が4割増しくらいになる」

    「これから、心揺れるエモいポチとかコメディ感あふれるスピーディなポチを堪能できるのかぁ。木曜が楽しみすぎる!」

    つづく

    Business Journal2018年10月13日18時00分
    https://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_483731

    写真

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【【テレビドラマ】<米倉涼子主演『リーガルV』>痴漢冤罪の描写に批判続出!/「最悪」「誤解を招きかねない」】の続きを読む



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    凄い

    1 かばほ~るφ ★ :2018/10/01(月) 10:42:07.60 ID:CAP_USER9.net

    「半分、青い。」全話平均21・1% 賛否も前3作超えの高視聴率!最終週22・8% 自己最高で有終の美


    女優の永野芽郁(19)がヒロインを務めたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」
    (月~土曜前8・00)の最終回(第156話)が9月29日に放送され、
    全156回を通じた期間平均視聴率は21・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが1日、分かった。
    2015年後期「あさが来た」から6作連続の大台突破。急展開や朝ドラらしからぬセリフなどが
    賛否を呼んだが、16年後期「べっぴんさん」の20・3%、17年前期「ひよっこ」の20・4%、
    17年後期「わろてんか」の20・1%を上回る好数字を残した。

    全話平均は15年後期「あさが来た」が23・5%、16年前期「とと姉ちゃん」が22・8%、
    16年後期「べっぴんさん」が20・3%、17年前期「ひよっこ」が20・4%、
    17年後期「わろてんか」が20・1%、18年前期「半分、青い。」が21・1%。

    週平均(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)は
    「東京・胸騒ぎ編」に突入した第7週(5月14~19日)以降、20週連続の大台20%超え。
    最終週(第26週、9月24~29日)の週平均は22・8%。第14週(7月2~7日)と
    第22週(8月27日~9月1日)の22・3%を上回り、自己最高をマーク。有終の美を飾った。
    番組最高は第111話(8月8日)の24・5%、初回(4月2日)は21・8%、最終回(9月29日)は23・5%。

    中盤以降、ヒロインの結婚・出産・離婚・発明という目まぐるしい展開や夫への
    「*でくれ」といった朝ドラらしからぬセリフなどに、インターネット上などで
    賛否両論や議論が巻き起こったが、脚本の北川悦吏子氏(56)が描く
    個性的なキャラクターや名台詞、キャストの熱演は視聴者を引き付ける強さがあった。

    朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」や
    TBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み
    “ラ*トーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川氏のオリジナル脚本。
    岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が
    高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜ける姿を描いた。

    演出は「カーネーション」の田中健二氏ら。主題歌は星野源(37)の「アイデア」。
    ナレーションはヒロインの祖母・廉子役の風吹ジュン(66)が務めた。

    最終回は2011年7月、「そよ風ファン」の発売決定記念パーティーが「つくし食堂」で行われることに。
    晴(松雪泰子)らが総出で準備を進める中、鈴愛(永野)はある人の言葉にヒントを得て
    「マザー」という扇風機の名前を思いつく。律(佐藤健)と津曲(有田哲平)は早速、
    商品名を変更するために動き始める。夕方になり、つくし食堂には顔なじみが勢揃い。
    パーティーには東京から律も駆けつけ、鈴愛と律はマザーに込めた思いを語り始める…という展開だった。 [ 2018年10月1日 09:55 ]

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/01/kiji/20181001s00041000181000c.html


    【【視聴率】NHK朝ドラ「半分、青い。」全話平均21.1%、賛否も前3作超えの高視聴率! 最終週22.8%、自己最高で有終の美】の続きを読む



    (出典 newtopics-lab.com)


    懐かしい^^

    1 数の子 ★ :2018/09/29(土) 16:25:41.87 ID:CAP_USER9.net

    9/29(土) 12:00配信 AERA dot.

     91年に放送され、大ヒットを記録したフジテレビ系ドラマ「東京ラ*トーリー」が14年ぶりに再放送されて話題を呼んでいる。


    「今回の再放送により、これまでドラマのタイトルくらいは聞いたことがあっても、作品自体は見たことがなかった若い世代、とくに漫画やドラマ、映画など恋愛作品に関心の強い女子高生たちの間でも『東京ラ*トーリー』がインターネット上などを中心にかなり話題になっています。保奈美演じるリカの有名なセリフ『*しよっ!』をマネる現象も起こっています。」(テレビ誌編集者)

    「『フジテレビも昔は面白いドラマを作っていたんだね』という声がネット上で散見されます。近年は視聴率で苦戦しているフジにとって若い世代の取り込みは不可欠。そういう意味でも今回の再放送の効果は大きいでしょう」


    全文はこちらから
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00000012-sasahi-ent&p=1


    【【ドラマ】『東京ラブストーリー』が女子高生たちに人気 リカの名セリフをマネる現象も】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)


    ・・・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/20(木) 07:27:23.88 ID:CAP_USER9.net

    ラスト9回を残すのみとなった連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。
    19日放送の第147回では、ヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)と萩尾律(佐藤健)の関係が急展開!視聴者を興奮の渦に巻き込んだ。(以下、ネタバレがあります)

    【写真を見る】鈴愛が律の美しい顔をじっと見つめて…!このシチュエーション最高すぎる!!

    ■ 「振られるのが怖い」鈴愛だったが…

    生まれた直後からそばにいながら、すれ違いを続けた鈴愛と律。そんな2人の思いがとうとう通じ合った。

    18日放送の第146回、正人(中村倫也)との会話の中で「私、一番大事な人わかっちゃったんだ」「私、律の前ではずっと変わらないでいられるんだ」と、律への素直な思いを口にした鈴愛。

    だが、その思いを伝えることには消極的だった。正人に「なんでそんな、恋になるのを遠ざける?」と聞かれても、
    「振られるのが怖いから。今のままでいい」と、“幼なじみで仕事のパートナー”であり続けることを望んでいた。

    そして第147回。朝になりオフィスに出社してきた鈴愛は、ソファーで眠る律の寝顔の美しさに吸い込まれるように、律の顔に唇を近づけた。律は目を覚ますが、そのまま鈴愛の手を握り、
    「入る?」と毛布の中へ。毛布にくるまったまま抱き合った2人は静かにキスを交わした――。

    そのまま放送が終わると、続く「あさイチ」(NHK総合)のオープニングではMCの博多華丸・大吉と近江友里恵アナが興奮の面持ち。
    華丸は「テレたー!」「汗かくー!テレちゃうー!」とシャンプーハット・こいでのギャグを引用しながら目元をさかんに拭い、大吉も「クライマックスだったかもしれませんね、今のね」とうなずいた。

    半年かけて実現した鈴愛と律のキスシーンは、ドラマを見守ってきた視聴者からも大反響!「なんて美しいキスシーン!」「めっちゃやばかった!」「ドラマでキュンキュンしたの久しぶり…」「見続けてきてよかった」といった声がSNSに踊った。

    美しいキスシーンもさることながら、律が鈴愛にかけた「入る?」の一言に射抜かれる女子が続出!「『入る?』って何?」「『入る?』の声のトーンが最高すぎた」
    「あの『入る?』はヤバい」「日本一甘い『入る?』の使い方やぁ」「最高すぎた!!」といった声が上がっている。
    ごく短いフレーズながら、やわらかい声のニュアンスなど佐藤の声と演技の魅力もあいまって、ファンの心をつかむ“神セリフ”となったようだ。

    ■ すれ違ってきた鈴愛と律の終着点は…

    一番近くにいながら、これまで鈴愛と律はお互いへの思いを伝えられずにいた。

    18歳で律に恋人ができると、鈴愛は自分の気持ちを押し*うと努力した。「鈴愛(の恋の相手)は律くんかと思っとった」と言った母・晴(松雪泰子)に
    「鈴愛は律でも、律は違う」と自分に言いきかせるように答え、律とはその後、音信不通に。再会したときには律はすでに結婚していた。

    律も同じ18歳のころ、正人(中村倫也)に鈴愛と付き合わないのかと聞かれて「そういうこと考えたわけじゃないけど、今がいちばんいい気がする」と答えていたし、
    夏虫の駅で鈴愛にプロポーズを断られると「俺たち、そういうんじゃないよな」とごまかした。後から秋風羽織(豊川悦司)に
    「鈴愛に振られて本当に苦しかったです」と語ったが、鈴愛本人を前にすると、そんな感情はおくびにも出さない。

    そんな2人の距離が最も近づいたのは、第132回(9月1日放送)でのこと。律の母・和子(原田知世)の葬儀のあと、それぞれ岐阜を去ることになった鈴愛と律は、思い出の詰まった河原で“5秒だけ”抱き合い、
    「バイバイ、律」「頑張れよ、鈴愛」と別れの言葉を交わしたのだった。

    その別れから2年半以上が経ち、ついにお互いの気持ちを確かめ合った鈴愛と律。だが「スパロウリズム」としての命題である“そよ風の扇風機”開発の出口はまだ見えない。

    20日放送の第148回では、鈴愛も律も自分たちの間に起きたできごとに動揺を隠せない。そんな中、2人のもとに業者からの請求書が届く。めずらしく弱気になった鈴愛に律はある思いを語り始める。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180920-00162812-the_tv-ent
    9/20(木) 7:05配信


    【【テレビ】半分、青い。 鈴愛と律がついに…!佐藤健の「入る?」に視聴者大興奮「最高すぎた!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ