Newsまとめ速報+メモ

ニュース、芸能、スポーツまとめブログです。
犬大好き^^
気になった事などアップします

    カテゴリ:政治・経済 > 経済


    【企業・倒産】相次ぐ廃業…景気がいいはずなのに「倒産」する企業が相次ぐ…


    いいわけないじゃん

    【【企業・倒産】相次ぐ廃業…景気がいいはずなのに「倒産」する企業が相次ぐ…】の続きを読む


    今更???

    1 次郎丸 ★ :2019/05/01(水) 15:10:29.73

    ※全文はソースでどうぞ
    パナソニック社長の「今のままでは10年も持たない」発言、その真意
    27万社員に大激震が走った
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/60239

    就任以来徹底して構造改革を進めてきた8代目社長は、創業100年の節目に大きな決断をする。物を作らぬメーカーになる――。一体何をするのか、社長の頭の中にしかないビジョンとは何か。

    ■「危機感は200%」

    2月12日の朝9時、パナソニック汐留ビルでは、いつものように朝礼が行われていた。

    たかが朝礼、と思うかもしれないが、昨年創業100年を迎えたパナソニック社員には重要な儀式だ。創業者・松下幸之助のDNAを、自分たちが受け継いでいるか確認する、大切な時間である。

    「産業人たるの本分に徹し社会生活の改善と向上を図り世界文化の進展に寄与せんことを……」

    社歌を歌ったあと、所管担当が「綱領」や「七精神」を読み上げる。とはいえ、スマホをいじりながら参加する社員もおり、やや形骸化している部分があるのは否めない。

    だが、この日の朝礼は様子が違った。普段より緊張感が漂い、周囲にひそひそと耳打ちする姿があちこちで見られた。

    「おい、日経の記事読んだか?」

    「まさか、社長もあそこまで言っちゃうとはね」


    社員の話題のタネは、2月10日日曜日の日経新聞朝刊に掲載された、津賀一宏社長(62歳)のインタビュー記事だ。

    パナソニックの現状と展望について、津賀氏は一切の忖度なく回答。異例の内容には徐々に触れていくが、社員をいちばん驚かせたのは以下の部分だ。

    〈現在の危機感はもう200%、深海の深さだ。今のままでは次の100年どころか10年も持たない〉

    津賀氏は2012年に社長に就任して以来、大赤字を垂れ流したプラズマテレビ事業の撤退戦を指揮するなど、老舗の革命児としてトップを張ってきた。その社長が「近いうちに潰れるかもしれない」と言わんばかりなのだから、社内の波紋は大きい。

    パナソニック幹部社員も驚きを隠せない。

    「津賀さんは、割と頻繁に『このままだと会社が危ない』と口にしていました。正直な物言いで、『もうテレビはウチのコア事業じゃないんだ』とか、『お前らは負けているんだぞ』とか、刺激的な言葉で社員を奮い立たせることも辞さない人です。

    でもそれは内々での話であって、新聞インタビューでしゃべるようなことじゃない。経営がうまくいっていないことが、活字になって念を押されたような形で、会社よりも自分の将来を不安視する社員が増えました」

    中国市況の悪化などが災いし、直近の決算では減益となったパナソニック。私たちにとってはやはり、テレビや冷蔵庫の会社というイメージが強いが、彼らにとって家電はもはや基幹事業ではないという。

    「もっとも力を入れているのは、自動運転やEVに欠かせない自動車部品の分野で、全体の売り上げの3割程度を占めています。津賀社長はもともと自動車畑出身の人ですから、いまのモビリティ革命に取り残されまいと必死で頑張っています」(全国紙経済部デスク)

    ※以下省略、続きはリンクからどうぞ


    ★1の日時 2019/05/01(水) 12:44:36.89
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556686938/


    【【企業】パナソニック津賀社長「今のままでは10年も持たない」 衝撃発言の真意って・・・】の続きを読む


    今でも大変…

    1 AHRA ★ :2019/02/12(火) 05:08:49.13

    ※夜の政治

    高橋洋一(嘉悦大) @YoichiTakahashi

    民主党時代にもっと金融緩和すれば雇用がよくなり自殺率がもっと低下すると教えた。それを無視したのは金融引き締めが高成長になるが持論の枝野氏。一方安倍さんは実行した。これが差だよ→首相の民主政権「悪夢」発言、枝野氏反論「自殺者が…」:朝日新聞デジタル

    5:38 - 2019年2月11日
    https://twitter.com/YoichiTakahashi/status/1094953802774413312

    ★1が立った時間:2019/02/11(月) 23:04:55.06
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1549893895/

    ※参考資料
    自殺者数及び変死者数の推移

    (出典 i.imgur.com)

    自殺者の推移

    (出典 pbs.twimg.com)


    ※関連ソース
    自殺者2万598人、9年連続の減少 警察庁速報
    https://www.sankei.com/life/news/190118/lif1901180017-n1.html
    【図解・経済】企業倒産件数の推移 28年ぶり低水準
    https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_eco_company-tosan
    30年求人倍率1・61倍 過去2番目の高水準 12月は横ばい
    https://www.sankei.com/economy/news/190201/ecn1902010023-n1.html
    18年12月の完全失業率2.4% 18年平均も2.4%、26年ぶり低水準
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL01H7V_R00C19A2000000/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【政治・経済】高橋洋一「金融緩和すれば自殺率が低下すると教えた。金融引き締めが持論の枝野氏(立衆埼玉5)。安倍さんは実行した。これが差だよ」って】の続きを読む



    (出典 www.jimin.jp)


    そもそも党内で議論して出すべき

    1 ニライカナイφ ★ :2018/11/08(木) 08:25:20.44

    ☆ たまたまスレです

    外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法改正案には、自民党内でも強硬な反対姿勢が目立つ。背景には、支持を受ける保守層からの突き上げがあるとみられ、自民党議員のブログやフェイスブックには「外国人受け入れ反対」「自民党は“移民党”になるな」などの書き込みが殺到。一方で、人手不足への対応を強く求める地元関係者も多く、保守派議員は板挟みになっている。

    「先生は体を張ってでも止めるべきだ」「信じていた安倍首相に裏切られた」-。九州のある自民党衆院議員がフェイスブックで法案について紹介すると、続々と反発する声が書き込まれていった。

    新たな在留資格の「特定技能2号」は配偶者と子どもを帯同できる。条件を満たせば永住できる可能性があり、「事実上の移民政策だ」との批判が根強い。

    先月末に政府案を議論した党法務部会も紛糾。「移民のために自民党があるのではない」「『もう自民党支持をやめた』と言われた」など、議員から強硬な意見が相次いだ。

    重鎮の伊吹文明元衆院議長も「保守主義の安倍首相がなぜ、この法案を出したのだろうかという思いもある」と首をひねる。中堅議員は「安倍政権は経済最優先。この法案は保守派の発想ではない。期待を裏切られた右派が少しずつ離れている」と、支持者の強い反発に戸惑いを隠さない。

    ただ、建設業や中小企業、農林水産業などでは人手不足を訴える声も強い。

    佐賀が地盤の今村雅弘氏(衆院比例九州)は「地元の農家や病院などから、何とかしてくれとの声が常々ある」という。鬼木誠氏(衆院福岡2区)も「介護や建設分野をはじめ、あらゆる分野で対応を求められている」と話す。

    「実質的な移民政策だ」と法案に反対する保守層の声、人手不足解消の必要性から賛成する業界関係者の声。自民党議員らは、支持者からの相反する意見に挟まれている。

    来年は統一地方選、参院選が控える。鬼木氏は保守層の批判に目を配りつつ、「人手不足は喫緊の課題。政権が何の対応もとらなければ、『何もしない政権』と批判を浴びる。選挙にも響く」と懸念する。

    苦悩する九州のベテラン議員は「最初は受け入れ人数も抑制して様子を見た方がいい。うまくいけば増やせばいい」と語る。

    https://www.nishinippon.co.jp/feature/new_immigration_age/article/463561/


    【【政府・入管法改正案】「自民板挟み」 保守層が反対 人手不足は深刻 支持者相反、対応難しく・・・】の続きを読む



    (出典 d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net)


    そんな、細かくするの???残念

    1 ばーど ★ :2018/11/06(火) 21:39:43.34

    11/6(火) 16:23配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00050068-yom-bus_all

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    2019年10月の消費税率10%への引き上げと同時に導入される軽減税率を巡り、
    国税庁は、コンビニエンスストアやスーパーの店先に設置されたベンチも店内の飲食スペース
    「イートイン」と同じ扱いにする方針だ。飲食料品を購入した客が、会計の際にベンチで食べると
    答えた場合は「外食」扱いになり、10%の税率を課す。税率を8%に据え置く軽減税率の対象にはならない。

    店内に飲食スペースがあるコンビニなどで、客が店内飲食の意思を示した場合、軽減税率の対象外だ。

    ただ、店内に飲食スペースがなくても、店の外にベンチなどが設置され、実際には飲食スペースとして
    利用されているコンビニも多い。特に地方や郊外では、駐車場にベンチなどを置く店舗が増えており、
    扱いを明確にするように求める声がコンビニ業界から出ていた。

    ★1が立った時間 2018/11/06(火) 16:29:05.11
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1541502954/


    【【国税庁・消費増税対策】コンビニの店外のベンチで食べても「イートイン」。軽減税率の対象外。】の続きを読む

    このページのトップヘ