Newsまとめ速報+メモ

ニュース、芸能、スポーツまとめブログです。
犬大好き^^
気になった事などアップします

    カテゴリ: 政治・経済


    韓国は無理がある

    1 ガーディス ★ :2019/01/07(月) 08:32:54.26

    2019年1月7日 08時15分
     【ソウル=水野祥】韓国海軍の駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダー照射問題で、韓国国防省関係者は6日、日本の主張に反論するために公開した映像について、日本語なども加えて計8か国語で近く公開することを明らかにした。

    4日公開の映像は韓国語版と英語版のみで、韓国語版は6日現在、閲覧回数が160万回を超えた。追加されるのは日本語のほか、中国語、フランス語、スペイン語、ロシア語、アラビア語で、字幕を作成中だという。

     日本の防衛省は昨年12月28日、哨戒機から撮影した映像に日本語の字幕を付けて公開した。英語字幕版も公開している。
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20190106-OYT1T50056.html
    韓国の反論動画(171万回再生)

    (出典 Youtube)


    【【政治・情報戦】韓国「照射」反論映像、これから日本語も含めて8か国語版追加公開する方針 韓国語版の閲覧回数は170万回突破】の続きを読む


     2019年1月5日、韓国国防省がYouTube公式チャンネルで公開したレーダー照射の反論動画は、再生回数1,174,363で、悪評価59,605 対 良評価59,426になっている(AM8:10)。韓国国内の視聴者が多いとみられるが、大きな支持は得られていない様だ。

     韓国に詳しい専門家は「さすがに、自国民からも賛同を得るのが難しかったようです。オリジナル映像は約11秒で、多くは、日本の海上自衛隊の撮影した映像です。派手なBGMテロップで効果的に見せようとしたのでしょうが、主張が支離滅裂です。良識のある韓国人の間でも恥ずかしい、嘘を繰り返して墓穴を掘るのは止めて欲しいと呆れられています」と伝えている。

    YouTube韓国国防省 公式チャンネル(ROK Ministry of National Defense)2019年1月5日朝


    (出典 news.nicovideo.jp)

    隠そうとすると無理ができる

    <このニュースへのネットの反応>

    【【韓国】韓国国防省・レーダー照射の反論動画公開は、完敗!】の続きを読む


    【政治・海外】韓国国防部レーダー照射問題反論映像公開「威嚇飛行謝罪すべき」

    残念な言い訳

    NO.7173028
    韓国国防部レーダー照射問題反論映像公開「威嚇飛行謝罪すべき」
    韓国国防部レーダー照射問題反論映像公開「威嚇飛行謝罪すべき」
    韓国国防部は4日、日本海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍駆逐艦から射撃管制用レーダーの照射を受けたとする問題に関して、日本側の主張に反論する映像を公開した。

    チェ・ヒョンス報道官はこの日午後の定例会見で「日本はこれ以上、事実を歪曲する行為をやめ、人道的救助活動中だった韓国駆逐艦に対する威嚇的な低空飛行をしたことを謝罪すべきである」と述べた。

    また、「今回の公開は日本が一方的に日本語、英語の映像を公開し、歪曲された事実を世界のネットユーザーに伝達したことから、より正確な事実関係を伝えるための目的」と説明した。

    国防部はこの日「日本海上哨戒機の低空威嚇飛行と虚偽主張に対する大韓民国国防部の立場」という題名の映像を先にYouTubeに掲載。

    その後、英文など各国の言語で翻訳された映像も公開する方針だ。
    【日時】2019年01月04日 14:34
    【提供】WoW!Korea


    【【政治・海外】韓国国防部レーダー照射問題反論映像公開「威嚇飛行謝罪すべき」】の続きを読む


    【政治・海外】韓国国防部レーダー照射問題反論映像公開「威嚇飛行謝罪すべき」

    残念な言い訳

    NO.7173028
    韓国国防部レーダー照射問題反論映像公開「威嚇飛行謝罪すべき」
    韓国国防部レーダー照射問題反論映像公開「威嚇飛行謝罪すべき」
    韓国国防部は4日、日本海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍駆逐艦から射撃管制用レーダーの照射を受けたとする問題に関して、日本側の主張に反論する映像を公開した。

    チェ・ヒョンス報道官はこの日午後の定例会見で「日本はこれ以上、事実を歪曲する行為をやめ、人道的救助活動中だった韓国駆逐艦に対する威嚇的な低空飛行をしたことを謝罪すべきである」と述べた。

    また、「今回の公開は日本が一方的に日本語、英語の映像を公開し、歪曲された事実を世界のネットユーザーに伝達したことから、より正確な事実関係を伝えるための目的」と説明した。

    国防部はこの日「日本海上哨戒機の低空威嚇飛行と虚偽主張に対する大韓民国国防部の立場」という題名の映像を先にYouTubeに掲載。

    その後、英文など各国の言語で翻訳された映像も公開する方針だ。
    【日時】2019年01月04日 14:34
    【提供】WoW!Korea


    【【政治・海外】韓国国防部レーダー照射問題反論映像公開「威嚇飛行謝罪すべき」】の続きを読む


    【海外・韓国】「レーダー照射」 韓国がそれでも非を認めない理由はこれでは

    韓国の態度は問題あり・・

    NO.7164895
    「レーダー照射」 韓国がそれでも非を認めない理由はこれでは
    「レーダー照射」 韓国がそれでも非を認めない理由はこれでは
    ■デタラメなのは明白
    年末の忙しいときに、とんでもないニュースが入ってきた。

    20日(木)午後、能登半島沖で、海上自衛隊機P-1が韓国海軍駆逐艦から火器管制レーダー照射されたという大問題となっているのはご承知の通り。

    その後、韓国側は「レーダー照射はしたけど発表しないでほしい」「悪天候、視界不良で、遭難船を捜索していた」「捜索中に日本の哨戒機が威嚇して低空で上空に入ってきた」「やはりレーダー照射してない」と、二転三転するグダグダの反論を繰り返していた。

    これに対して、防衛省は冷静に反論してきた。

    その様子は、岩屋防衛大臣の記者会見や、防衛省の反論などをみればわかる。

    しかし、韓国側がこれらに真摯に向き合わないため、一向に埒があかない。

    その中で、日本のマスコミの中でも、韓国側の意見をそのまま伝えるような「悪質な印象操作」ともいえるようなものも出てきた。

    28日昼のNHKニュースがそれだ。

    岩屋防衛大臣が、レーダー照射をされた証拠となる映像を「午後にも出す」というニュースの中で、次の映像が一定時間の間、放映されたのだ。

    あたかも、韓国の発表どおりに「韓国海軍の上空を海上自衛隊P1が飛..


    【日時】2018年12月31日
    【ソース】現代ビジネス


    【【海外・韓国】「レーダー照射」 韓国がそれでも非を認めない理由はこれでは】の続きを読む

    このページのトップヘ