Newsまとめ速報+メモ

ニュース、芸能、スポーツまとめブログです。
犬大好き^^
気になった事などアップします


    ダンサー・HARUKA 衝撃の「バズーカおっぱい」でファンを悩殺 - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


    NO.7352306
    ダンサー・HARUKA 衝撃の「バズーカおっぱい」でファンを悩殺
    ダンサー・HARUKA 衝撃の「バズーカおっぱい」でファンを悩殺
    国内外のクラブで活躍するゴーゴーダンサーチーム「CYBERJAPAN DANCERS」の新人メンバー・HARUKAが、発売中の「週刊プレイボーイ」14号(集英社)でソログラビアを初解禁。

    Fカップのド迫力バストから「バズーカ」という呼び名を持つ彼女が、衝撃的な美巨乳を大胆にさらけ出している。

    HARUKAは昨年秋のチーム加入から2か月でInstagramのフォロワー数が15万人を突破した大型新人。

    これまでメンバーとの競演グラビアで「おっぱいがスゴすぎる」などと話題になり、ついに満を持してのソログラビア解禁となった。

    同グラビアでは、いつものキメキメな衣装やポーズを封印。

    ナチュラルな雰囲気でセクシーなランジェリー姿を披露し、初々しいウブな魅力がありながらも、新人らしからぬグラビア適性の高さを見せつけている。

    HARUKAは25日付の自身のInstagramで「本日3月25日(月)発売 集英社様発行『週刊プレイボーイ』にて初のソログラビアを掲載頂くことが決定致しました!」などとファンに報告。

    続けて「デビューしてからカッコよく華やかにをたくさん勉強してきましたが今回の撮影では、それを全て取っ払い初めて飾らない素の私で挑ませて頂きました」と綴り、ランジェリー姿の告知ショットを投稿している。

    公開された告知ショットは、まさに「バズーカ」と呼びたくなるほどの豊満バストが画面から飛び出してきそうなド迫力ぶり。

    おっぱいの張り具合が素晴らしく、そのボリューム感はグラビア界でも屈指といっても過言ではない。

    いつもはキメキメのギャルといった雰囲気が強いだけに、今回のグラビアはどこか幼さの残ったルックスとグラマラスボディのギャップが激しく、男心をくすぐる仕上がりだ。

    これにネット上では「おっぱいの張りがすごい!」「セクシーすぎて鼻血出そう」「バズーカに撃ち抜かれました」「可愛すぎ! 彼女にしたい!」などと興奮状態の絶賛コメントが殺到。

    今回のソログラビア解禁をきっかけに「バズーカおっぱい」の虜になる男性が続出しているようだ。

    普段はCYBERJAPAN DANCERSのダンサーとして激しいダンスを見せているHARUKAだが、男性ファンの間では「おっぱいの揺れがすごい」と話題に。

    ネット上に投稿された動画で彼女の大ファンになり、そこからCYBERJAPAN DANCERSを知るようになるファンもいるほど反響を呼んでいる。

    CYBERJAPAN DANCERSのメンバーはグラビアでも活躍しており、HARUKAも今後が楽しみな逸材といえるが、ほかのメンバーがいかにも「ギャル」という印象なのに対して素のナチュラルなソログラビアに挑戦した意義は大きい。

    「バズーカ」と呼ばれるバストと共に、このギャップ感も彼女の大きな武器となりそうだ。
    【日時】2019年03月25日 15:00
    【提供】メンズサイゾー


    【【芸能・グラビア】「ダンサー・HARUKA」 衝撃の「バズーカおっぱい」でファンを悩殺 !】の続きを読む


    【学校・教師】「クラス全員?」が担任教師の懲戒免職求め嘆願書

    凄い教師++;今時、ある??怖っ++;

    NO.7352472
    クラス全員が担任教師の懲戒免職求め嘆願書 山口の県立高校
    クラス全員が担任教師の懲戒免職求め嘆願書 山口の県立高校
    山口県の県立高校で1年の男子生徒が、担任の教諭からバリカンで丸刈り頭にされたり、授業中に「ばか」などと何度もいわれたりしたと訴え、同調したクラスの全員が教諭を懲戒免職にするよう求めて嘆願書を提出していたことが分かりました。

    山口県の県立下松工業高校に通う1年の男子生徒と父親によりますと、去年10月中旬、担任の40代の男性教諭から「髪が長い」という理由でバリカンで丸刈り頭にされ、授業中には「ばか」とか「お前は病気だ」などと何度も暴言を浴びせられたということです。

    男子生徒はその後体調を崩し、12月に10日間ほど休んだということです。

    教諭はほかの生徒に対しても授業や部活動などで日常的に侮辱する暴言を繰り返していたとされ、クラスの生徒40人全員と保護者39人が安心して学校に通うことができないとして、先月教諭を懲戒免職にするよう求める嘆願書を県の教育長に提出しました。

    その後、学校は今月15日に教育委員会の同席のもとで説明会を開き、教諭本人がクラス全員と保護者に謝罪したということです。

    下松工業高校の高橋等校長は教育委員会が詳しい経緯を聞き取り中だとしたうえで「教諭には指導を丁寧に行うよう口頭で..



    【日時】2019年03月25日 15:23
    【ソース】NHK


    【【学校・教師】「クラス全員?」が担任教師の懲戒免職求め嘆願書】の続きを読む


    【フィギュアスケート】「羽生結弦」 右足加療のため国別欠場「1日も早くけがを完治」

    完治望みます!

    NO.7352378
    羽生結弦 右足加療のため国別欠場「1日も早くけがを完治」
    羽生結弦 右足加療のため国別欠場「1日も早くけがを完治」
    フィギュアスケート国別対抗戦(4月11日開幕、マリンメッセ福岡)の記者会見が25日、都内で行われた。

    男女シングル、ペア、アイスダンスの4種目の総合成績で争う団体戦で国際スケート連盟(ISU)公認で今季最後の大会になる。

    世界選手権銀メダルの羽生結弦は欠場した。

    伊東フィギュア委員長は「なお羽生選手はけがのため、欠場させていただきます」と説明した。

    羽生のコメントを代読した。

    「(昨年11月の)ロシアで痛めた右足は完治していませんが、世界選手権に向けて頑張ってきました。しかし今さらに右足に負担をかけることは厳しく、医師からも引き続きの加療が必要と言われました。国別対抗戦に出場できないことは残念ですが、1日も早くけがを完治させ、来シーズンに向けて練習に励みます」

    羽生は、4カ月ぶりの復帰戦となった23日までの世界選手権で銀メダルだった。

    ネーサン・チェン(米国)と激闘を繰り広げた。

    試合後は2カ月間、痛み止めを服用しながら、練習を重ねていたことを明かしていた。

    17年、18年と2年連続で右足首を痛めており、慎重に患部の状態を見極めていく必要があることを口にしていた。

    大会は09年にスタート..



    【日時】2019年03月25日 13:53
    【ソース】日刊スポーツ


    【【フィギュアスケート】「羽生結弦」 右足加療のため国別欠場「1日も早くけがを完治」】の続きを読む

    このページのトップヘ